商品説明

創設者『Renold O Schilke』は、シカゴ交響楽団やWGN放送管弦楽団等でトランペットのプレーヤーとして活躍してきました。

彼の演奏家としての才能もすばらしいものでしたが、プレーヤー時代からマウスピースの製作や楽器のチューンナップを行ってきました。トッププレーヤーとして活躍するかたわら、ノースウエスタン大学、デ・ポール大学、ルーズベルト大学等で教鞭を取り、この教育現場での経験から、奏者に合ったマウスピースの必要性を感じ、その製作にあたったことが今日のシルキーの始まりです。≪メーカーHPより≫

【 特徴 】
シルキーのバストロンボーン用マウスピースは太く力強いサウンドが特徴で人気があり、多くのプレイヤーが愛用しています。
中高生や初級者には“57”が扱いやすく音の輪郭もはっきりと出しやすいのでお勧めします。
低音域を多用することが多い方には“58” “59”が、オーケストラなどシンフォニックな演奏を求める方には“60”がお勧めです。

【 品番詳細 】

モデルカップ内径カップ深さ特 徴
5726.52深い吹奏楽やビックバンドなど
テナーとバス両方を演奏する人に最適なモデル
5827.68深い太くしっかりとした低音
バストロンボーン用のスタンダードサイズ
5928.52深いオーケストラなどに最適なサイズ
上級者向けのマウスピース
6029.03深い力強い音を求める奏者向けで
バストロンボーンで一番大きなモデル

【 在庫 / 納期について 】
こちらの商品は店頭在庫切れの場合がございます。その場合はメーカーお取り寄せとなります。
メーカーに在庫がある場合は1週間ほど、在庫がない場合は納期にお時間をいただく場合がございます。
詳しい納期はお気軽にお問合せください。掲載商品以外の品番もお取り寄せ可能です。