リガチャーのメッキは音色や吹奏感に違いがあるのか?

当店で一番問合せの多いのが「メッキによる音色の違いや特徴を教えてください!」というものです。

実際メッキで音色や吹奏感が変わるのでしょうか?同じという意見もあれば違うという意見もあったり…

ここではメッキごとの特徴と効果や変化など、実際にお試しいただいた方やご購入いただいた方の感想をもとにご紹介します。

「〇〇メッキにしたから絶対こうなる!」と断言できないのですが、実際に試された方の意見や総合的なメッキの特徴から判断するしかないのが難しいところですね。
※個人的な感覚も含めて記事にしていますので「それは違うと思うな~」ということがあってもご了承くださいm(__)m
※この記事は木管用リガチャーの場合の内容です。

リガチャーのメッキで何が変わるのか?

では実際にリガチャーにメッキをすると何が変わるのか。
「金管楽器編」ではマウスピースへのメッキ加工は口当たりや、吹奏感に影響があるとご紹介しました。

では木管楽器ではどうでしょうか?

まず最初に…木管楽器はメッキによって吹奏感や音色は変化します!

金管奏者の方はメッキで音は変わらない。という意見の方も多いですが、木管奏者の方でメッキで音色が変わらない。という意見の方は少数派だと思います。

木管楽器はメッキの違いが吹奏感や音色に大きく影響する楽器なんです!
リガチャーには各社から様々なメッキ仕上げや材質の商品が発売されているのも納得ですね。

【リガチャーのメッキによる変化は大きくわけて以下のような特徴です】

・抵抗感、吹奏感の変化(重要ポイント)
・見た目の変化

・音色の変化(重要ポイント)

金管のときと同様ですが、抵抗感、吹奏感の変化は吹き手にしか分かりませんが、音色の変化は自分よりも聴いている人の方がよくわかったりすることが多いです。

自分以外の人に聴いてもらって確認するのはとても大切なことだと思います。

各メッキの特徴(銀メッキ、金メッキ、ピンクGP)

BGリガチャー

【銀メッキ / SP】

銀メッキはクラリネット用リガチャーでは最も標準的なメッキです。
入門用から上級用まで多くのリガチャーに銀メッキが加工されています。
逆にサックス用は管体が真鍮なのも影響するのか銀メッキよりも真鍮ラッカー仕上げの方が流通量が多いです。
特徴としては
【ほどよい抵抗感がある】【音がまとまる。落ち着く】

という意見が多いように思います。
サックス用でも人気のあるメッキですが、当店では男性の方や、テナーやバリトンを演奏する方によくご購入いただいており、逆に女性の方や学生には購入者が少ないように思います。

また、メタル製MPを使用しているお客様が少ないので詳しくはお答えできないのですが、MPの素材や形状などでもまた違った感想になるかもしれませんね。

クラリネットの方は色んなメーカーから製品が出ているので是非たくさん試奏してみてください!


BGリガチャー

【金メッキ / GP】

金メッキは最も人気のあるメッキ加工です。
クラリネット用、サックス用ともに上位モデルのリガチャーには金メッキ加工されたモデルが多いです。

特徴としては、音の明るさ、華やかさが増し、レスポンス向上、全音域でムラのない響き…などなど。
良いところだらけ(褒めすぎかな…)の人気メッキです。

ただメッキ加工をしている分、抵抗感などは若干増すため、初心者の方や軽い吹奏感を求める方には逆に吹きにくく感じるという意見もあります。
サックスではラッカー仕上げの方が吹きやすくて好みという方も多くいらっしゃいます。

音が直進的ではなく、放物線上に「ポーン」と遠くまで飛んでいくような音色で、ホールのような広い会場で演奏する際に他のメッキと違いが出やすいと思います。

最近では金メッキでも価格を抑えた商品がたくさん販売されています。
是非一度は試していただきたいお勧めのメッキです。

※見た目が似ているフェリックゴールドもありますが、リガチャーでは金メッキと比べるとあまり大きな違いはないように思います。


BGリガチャー

【ピンクゴールド / PGP】

ピンクゴールドは何といっても見た目の可愛さが一番の人気です!

金メッキに銅を混ぜることでキレイなピンク色になるのですが、音色の変化は人によってかなり違いのあるメッキだと思います。

金メッキと比較した場合、当店で試奏された方の感想ですと、

・音が柔らかい
・倍音が豊かになる
・抵抗が増える(少数意見)

という意見が多いです。
当店ではクラリネットの方に人気が高く、バスクラリネットでも人気の高いメッキだと思います。
※店頭ではボナード社のピンクゴールド製品が人気があります。

リガチャーはメッキだけでなく素材や形状も重要!

木管はリガチャーのメッキひとつで大きく音色が変わります。

ただメッキ以上に重要なのが素材(レザーや金属など)や形状です。
特にリガチャーの形状は吹奏感、音色に大きな影響があるので、色々なメッキを試すのもいいですが、
たくさんの種類のリガチャーを試奏してお気に入りの1本を見つけるのが上達への近道かもしれませんね。



今回は3種類のメッキの特徴や店頭で試された方の感想をご紹介しました!

感じ方は人それぞれ…と言ってしまえばそれまでですが、

「メッキによる違いは全くない」

ということは決してありませんので、是非お気に入りのメッキを探してみてくださいね♪

他のメッキの特徴についてはまた次回ご紹介したいと思います!!

かなり個人的な感想や考えも入っておりますが、すみません!m(__)m